トップページ
2020年 7月

2020年7月19日(日) - 「夏の古書市」その4

 今月4日から始まったうつのみや香林坊店での「夏の古書市」は、本日が最終日。
 夕方、参加メンバーの流星舎さんとビートマニアさんが来店、今回の催事の売れ行き状況について歓談。あうん堂も含めて各店の売上げ目標がクリアできて、イカッタ。それぞれ撤収作業に向かい、私はレンタカーを借りてから会場へ出かける。すでにワゴンの半分は空になっており、私が最後の撤収を済ませ19時半帰宅。
 
 夜、huluで映画 『許されざる者』(監督:クリント・イーストウッド/主演:クリント・イーストウッド、ジーン・ハックマン、モーガン・フリーマン/1992年米)を見る。イーストウッド監督もすごいが、出演者の演技も負けずにすごい。


2020年7月18日(土) - ころころ餅

 先週に引き続き今週末も雨降りで……<本小舎>営業出来るかなあ。店掃除を終えたところで雨はやむ気配がなく、本日<本小舎>はお休みです、とHPに書き込む。

DSCN3701 終日、在庫本整理をしながら帳場で店番に入る。8班kaekoさん夫妻が安産祈願の"ころころ餅"を届けてくれる。9月に出産予定のkaekoさん、赤ちゃんが「ころころ」と産まれますようにと親戚、知人にまん丸のお餅を贈る風習が金沢にあり、喜んでいただく。搗き立てでぽちゃぽちゃなので、そのままいただきまーす。

 夜、huluで先月亡くなったエンニオ・モリコーネが音楽を担当している映画 『アンタッチャブル』(監督:ブライアン・デ・パルマ/出演:ケビン・コスナー、ショーン・コネリー、アンディ・ガルシア、ロバート・デ・ニーロ/1987年米)を見る。今はすっかり大御所となった俳優たちの若き頃の演技がすごい。


2020年7月16日(木) - プチ旅行

 昨日の雨模様とは打って変わり、朝から夏の日差しが強い。

DSCN3563 午前、玄関前のヒメリンゴの枝切り作業。調子に乗ってヒメリンゴの青い実がなっている枝まで切ってしまう。

 午後、野々市市Nさん宅へ預かり本の代金支払いのため路線バスで出かける。途中から早帰りの高校生が乗り込んできたが、それでもこんな時期で車内はゆったり。最寄りの停留場で下車、7分ほど歩いてNさんのご自宅に向かうが暑さでクラクラ。精算内容や近況等20分ほどで終え、再び停留場まで戻り屋根付きのバス停のベンチに座って持参の本を読みながらバス待ち。
 武蔵辻で下車。近江町市場で夕食用に"うなぎのかば焼き"を買って帰宅。DVD 『つま恋2006/吉田拓郎・かぐや姫』の続きを見るが、今更ながら『外は白い雪』の詞のすごさに感動する。

 夜、今年最初のクーラーを点けて、少し本読み。


2020年7月15日(水) - 新盆 お墓参り

 午前、シェアレンタカーをスマホで申込み、香林坊うつのみや書店まで「夏の古書市」追加本の搬入に出かける。ありがたいことにこの1週間で本箱の中の本があちこち抜けており、持ち込んだ本とレコードを補充していく。一緒に出店している加能屋書店さんと金澤20世紀書房さんも補充に来ており、後半に向けての戦略を立ち話して帰宅。90分のレンタル時間ギリギリに返す。

DSCN3574 午後、雨が止むのを待ってK子さんとお盆のお墓参りに歩いて出かける。お盆といえば8月15日が一般的で、「旧盆」と呼ばれている。ところが金沢では旧暦の「お盆」にあたる今日15日を「新盆」と呼んでいる。父の墓前には母の妹のK叔母さん夫妻がすでにお参りを済ませた跡があり、持参の花を飾って正信偈を唱える。父がなくなって早三年、母は入院してお墓参りは叶わぬが、果たしてどこまでわかっているのだろう。
 帰路、定休日のカフェくわじまさんに寄り道。植木屋さんが庭に入っているので声を掛け、コーヒーをお願いしてしばし歓談。デザートに山梨の"桃"をいただく。

 夜、ヘッドホンでDVD『つま恋2006/吉田拓郎・かぐや姫』の第1部、2部を見る。フォークが耳にやさしく入ってくるなあ。 


2020年7月13日(月) - 「夏の古書市」その3

 先週末からスタートした「夏の古書市」(〜7/19:うつのみや香林坊店)ですが、な、なんと、あうん堂の当初目標額をクリアしてしまいました。コロナ禍の中、お客様はカミ様です。

DSCN3565 終日、催事追加本のセレクト&値付作業。流星舎さんのレコードも出足好調との情報をもとに、隣家の書庫の奥に眠っているレコードと、本小舎で眠っている朗読カセットを引っ張り出して袋詰めをおこなう。売れると良いなあ。


2020年7月11日(土) - 衝撃の結末

 今週末も雨降りでスタート。しばし天を仰ぐも晴れる気配はなく、<本小舎>営業はあきらめて店の開店準備に入る。

DSCN3562 終日、店番&在庫本整理。この季節になると室蘭Fさんからは恒例の"富良野メロン"が、ダッチゴシさんからは紀州の"八幡白鳳桃"が届き、見ているだけで口福の時間が流れる。昨日買ってきた石川県産の"デラウエアぶどう"を加え、あっという間になくなる前に記念写真をパチリ!

 夜、『オスマン帝国外伝3/愛と欲望のハレム』(製作:トルコTV)の残り3話をイッキ見。いやいや、行方知れずのヒュッレム妃が再登場するという衝撃の結末が待っていて、思わず電気椅子から飛び上がるクライマックスであった。シーズン1が48話、同2が79話、そして今回のシーズン3が92話の計219話(視聴時間は延べ165時間)を足掛け2年かけて見続けた次第。もうこれっきりかと念のためネットで調べると、な、なんとシーズン4(全93話)の放映がこの夏からスタートするというHPを見つけて、もういちど電気椅子から飛び上がってしもたがいね。


2020年7月10日(金) - 本業の日

 6時起床。手早く着替えて店掃除を済ませ、昨日用意した市会出品本と古本催事補充本をレンタカーに積み込んで、朝食。

 午前、野々市市・交遊舎で開かれる古本交換会(市場)に出席。入口で検温と手の消毒、出席者名簿に屋号を記入して2点の出品本を並べる。11時半、開札。出品本は友に札が入り、入札本(レコードもあり)は2勝1敗。終了が理事長の近八さん、理事の金澤20世紀書房さんとこの秋に開催と決まった組合古本催事のミーティングをおこなう。

 午後、うつのみや香林坊店で開催中の「夏の古書市」会場で追加補充作業。たくさん売れますように。レンタカーを返して14時半帰宅。7月1日付で転職したコーハイK君が会社関係のあいさつ回りを終えて来店、遅めの昼食をとりながら、K子さんと3人で近況を歓談。働ける間は働こうかな、と64歳のK君に、すぐに70歳になるぞ、と私。HT新聞のMさん来店、しばし本談義。講談社学芸文庫を2冊お買い上げいただく。
DSCN3564 雨模様の中、花屋のNOTEさんが今日取り換えてくださった花(名前忘れました、とK子さん)を玄関の格子戸から中に仕舞って、30分早く閉店。

 夜、なにはさておき隣家のくつろぎ部屋で『オスマン帝国外伝3』を見る。あー、あと3話だ。


2020年7月09日(木) - セッセと片付け

 先日、懸案だった預かり本の整理と溜まってしまったHP日録の追記もなんとか終わったものの、机の上や下には買ったままの新刊本やファイル、ハガキが散らかっており、半年ぶりに「片付けメモ」を作る。

 午前、メモの最初は、印刷手配を終えた<水文化PT>のオーディションチラシの受取りをあうん堂さんにしてあります、という町屋塾chikaさんからのメールに了解の返信を送ること。続けて8月に氷見市内のショッピングセンターで開催予定の古本催事について出店メンバーに最新情報をこれもメールで送信。コロナ禍による石川県経営持続支援金の受給申請作業。

 午後、明日の古書組合主催イベントのミーティング資料を作成。レンタカーを借りてきて、K子さんと買出しに出かける。百満ボルトで10日前に無くなってしまったFAXリボン、3日前に切れてしまったカフェ玄関のライト、今朝穴が開いてしまったBRAUNシェーバーの網刃を購入。スーパーでK子さんの買出しについて回り、ムサシで補充用のPCインクカートリッジ、ヤフオク発送用のナイロン袋を買って帰宅。ごはんですよ、の声がかかるまで、明日の市会出品本と催事補充本を整理する。

 夜、隣家でhulu配信『オスマン帝国外伝3』を2話分見る。残りはあと4話になってしまった。


2020年7月08日(水) - サマーヘアーカット

 朝方に激しい雨降り。なぜだかいつも朝の通勤・通学時には雨が降るのだろう、小学生が長靴、雨傘で学校に行く姿は可愛いけれど。雨が上がったところでマシマシさんまでパンを買いに行き、帰って見逃しの『ハケンの品格2/第3話』を見ながら、朝食。

 午前、相変わらず溜まりに溜まっているHP日録をイッキに更新。

 午後、ヤフオク出品商品のまとめ落札分(11点)の発送作業。雨は休止状態で薄日も差す中、歩いて25分の床屋に出かけ、2カ月半ぶりに散髪。岐路、スーパーで"チキンカレー"の食材を買うが、肝心の"手羽先"が売り切れていて仕込みは明日に。それにしても母が入院してからスーパーには行かなくなった。シャワーを浴びて、夕食。

 夜、コーハイK君から久しぶりに電話が入り、今月1日付で退職後に勤めていたグループ会社から関連会社に再就職しました、とのこと。そうか65歳になったんだ。 ヤフオクに10点出品した後、隣家のくつろぎ部屋で佳境の『オスマン帝国外伝3/第85話、86話』を今夜もイッキ見。23:20就寝。


2020年7月07日(火) - 雨の「七夕」

DSCN3435 買い置きのパンがなくなったので久しぶりに"ホットケーキ"を焼いて、朝食。コロナ禍での休業中から再開後もあうん堂の"モーニング"は休んでいるから、なんと3ヵ月ぶりか。

 午前、日本未亡人倶楽部S県支部W分会のhiromi会長からK子さんに近況の電話が入り、K子さんとの会話のやり取りから二人が電話を切る前に替わる。悪い知らせを先に訊いたので、良い知らせは? との問いに、W分会に最近新加入があって会員が二人になりましたよ、とのこと。うーむ、これって良い知らせかなあ。
DSCN3428 先日宅配で蔵書を送ってくださったSさんに受取りのハガキを書いて投函。隣家の1班コースケ君から私たちが頼まれて書いた短冊が七夕の笹の葉に飾られて揺れていて、小さな幸せを感じる。

 午後、ずっと手付かずだったNさんとSさんの預かり本の買い取り査定作業を済ませ、それぞれショートメールで連絡を入れる。夕方、ヤフオク出品本の写真撮りとデータ作り。あっという間に18時を過ぎてしまう。

 夜、九州の大雨被害状況をTVニュースでチェック。隣家に移動して『オスマン帝国外伝3/83話、84話』をイッキ見。家に戻り、強い雨音を聞きながらヤフオク出品作業を続ける。23:30就寝。


2020年7月06日(月) - 「夏の古書市」その2

 相変わらず雨は降りやまず、K子さんは再開した三味線教室に長靴姿で出かけていく。

 午前、開店早々に外国人の女の子三人組が来店。奥のテーブルでそれぞれノートPCを取り出し、楽しそうに話している。片言の日本語を話すので帰り際に片言の英語で質問したところ、ブラジルとインドネシアからの留学生で1年間東京芝浦工大で建築を学んでいるとのこと。故国のご家族は(コロナは)大丈夫? との問いに、ハイ、と笑顔が返って来る。

 午後、「夏の古書市」の追加搬入本の値付作業。流星舎さんが車で迎えに来てくださり、一緒にうつのみや店に向かう。会場内の出店ワゴンと木箱の中が思った以上に空いていて、さっそく補充。居合わせた若いカップルがあうん堂のワゴンから図録を購入、すかさずあうん堂のことをPRする。空箱を持ち帰り、閉店間際まで流星舎さんと世相談義。こりゃどうみても昭和のオヤジだわ。

 夜、クライマックスに突き進むhulu配信の『オスマン帝国外伝3・全92話』も残り10話となって目が離せない。


2020年7月05日(日) - 雨上がり<本小舎>

 昨日は雨降りに加え、「夏の古書市」初日の追加搬入もあって<本小舎>は閉めていたが、雨も小康状態になって時おり日が差すので、終日<本小舎>を開けて店番に入る。
 常連の三国Mさん、サイクロンNさんは二人でツーリング話に、バンカーTさん夫妻は店の帰りにコーヒーをテイクアウト。風がひんやりしているので気持ちがよく、一人の時はラジオを聴きながらのんびりと買取り本の整理。2週間前の日曜は母の介護がピークだったことが遠い昔のことのようだ。


2020年7月04日(土) - 紀州・あら川の桃

 九州地方の大雨はいまだに降りやまず、大きな被害が出ている。熊本のみなさんは地震に続き、終わらぬコロナ禍に今回の豪雨被害と掛ける言葉もない。

 午前、90分のシェアレンタカーを使い、段ボール2箱分の空きスペースが出ていた「夏の古書市」会場へ出店本の再搬入とLPレコードのビニール袋詰めに出かける。開店早々にも関わらずお客さんがワゴンの周りに集まっていてありがたい。時間ギリギリで車を返す。

DSCN3423 午後、宅配で思いがけないものが三つも届く。一つ目は和歌山はあら川の"桃(八幡白鳳)"で、送り主はダッチゴシさんなり。箱は開かれ中を開けると早くも一個消えているが、犯人は決まっているから名前は書かない。二つ目はSさんの蔵書が入った段ボール2箱で、今回は中国関連本がすごい。そして三つめは神奈川Kenさんからの「缶ビール箱入りセット」が一箱。幸せだなあ。

DSCN3424 夜、ゴシさんの車でアレフKさん宅に三人でおじゃまし、久しぶりの「アレフバー」が開かれる。ゴシさんは定番の"ローストビーフ"、あうん堂は"のらりのテイクアウトおつまみ"、NYANCAFE−BOOKSさんは"巨峰"で、Kさんは絶品の"ラザーニャ"という盛りだくさんの一品が並ぶ楽しい夜であった。


2020年7月03日(金) - 「夏の古書市」その1

 九州地方の大雨で現地は大変なことになっている。金沢も時おり雨が激しく降ってはいるが、被災地のことを思えばなんとありがたいことか。

 午前、明日からうつのみや書店・香林坊店で始まる「夏の古書市」出店本の搬入準備。およそ80枚のLPレコードへの値札は昨日のうちに貼り終わって、今日は郷土本を中心に値札貼り。

 午後、雨の中を本小舎に出店本の入った木箱5箱と段ボール3箱を運び、ハッパさんからお借りしたライトバンに積み込む。16時半、東山・流星舎(カフェくわじまさんの古本屋号です)に寄って彼の出店本を積み込み、二人で会場のうつのみや店に向かう。
DSCN3421 すでに加能屋書店、金澤20世紀書房さんは搬入を終え、ビートマニア、キャロット、キヅキブックス各店はセッセと搬入中。珠洲からの古本LOGOSさんと荷捌き場で一緒になり、セッセと運び入れてワゴンに並べること1時間余りで搬入完了。たくさん売れますように。
 18時半帰宅。NYANCAFE−BOOKS夫妻、ダッチ・ゴシさんが"ピザ/まんじゅう"のお土産を持って来店しており、K子さんの"鮭ごはん"と一緒に夕食をみんなでいただく。

 夜、雨は小降りになってはいるが、あいかわらず九州地方は大変なことが続いている様子をテレビで見る。


2020年7月01日(水) - 氷室の酒まん

 今日から文月の7月……この半年はコロナ一色であっという間だった。
DSCN3419 今年後半のスタートはK子さんと散歩がてら"モーニング"に出かけるも、お目当のカフェは定休で閉まっており、帰り道にあった和菓子のN店で"氷室の酒まんじゅう"を買って帰宅。"酒まん"と珈琲で朝食。そういえばこの氷室の日の前後に市内のまんじゅう屋さんの"酒まん"を買い集めて食べ較べる「ヒムロの会」はここ2年間開催していないなあ。

 終日、催事「夏の古書市」の出店準備に励む。ケアマネKさんから入院中の母の状況についてT館の相談員さんと話したという内容を電話で聞くが、入院前とほとんど変わっていないとのこと。


 

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ログイン
保存
   URLを携帯に送る ここをクリックしてブラウザのアドレス欄に表示されているのがRSS用のURLです。このURLをRSSリーダーなどに設定してご利用ください。
過去ログ: 最近の日記:
金沢建築館

食欲の秋の始まり

のんびり定休日

片付けなくちゃ

小さい秋みつけた2

小さい秋みつけた1

本業いろいろ

フリーソフトで作るブログ