トップページ
2011年 8月7日

2011年8月07日(日) - 一箱古本市 in 珠洲

 7時、あうん堂の駐車場にNYANCAFE-BOOKSさん、たまたび堂さんが車で集まり、あうん堂のダンボール箱を積んで珠洲へ向かう。ハイ、今日は珠洲一箱古本市がおこなわれる日であります。
 主催者の一人・新月いわし洞さんは金沢・源法院の一箱古本市に何度か参加してくださり、今年になってすでに2回地元の珠洲市内で手探りで一箱古本市を企画している。3回目の今回は彼女のイメージする一箱古本市をやってみたい、と準備を進めてきたので、金沢一箱組ができることは参加することしかない!とみんなに声を掛けたのである。

 9時過ぎ、会場の春日神社境内に到着。いわし洞さんや主催者の一人でもある二三味さんたちがすでに境内の草刈を終え、私たちを迎えてくれる。受付を済ませ、本の入ったダンボール箱を日陰の適当な場所に持ち込みいつもの一箱に今日の出品本を並べていく。いつもは主催者側で何かと気ぜわしいのだが、今日は店長としてゆっくり楽しめそうだ。

DSCF1004DSCF1002 10時、いわし洞さんの司会で参加者全員が自己紹介をおこなった後、一箱古本市はスタート。夏の青い空と白い雲、境内に流れる爽やかな風に吹かれて、他の出店者と歓談しながら一日を過ごす。あうん堂の箱からも少しずつ本が売れていき、今回も持ち込んだ月天心さんの“限定どらやき(梅味)”も市の終了間際に完売して、イカッタ。

 15時、終了。残った本を再びダンボール箱に戻し、みんなで市内の二三味カフェに車で行って、反省会。みんなからあうん堂さんはよく焼けましたねと言われたが、なるほど腕が真っ赤になっている。本当は、よく売れましたね、と言われたかったなあ(ホントに言われると辛いですぅ)。

 19時過ぎ、あうん堂の前まで送っていただき、荷物を降ろしてみなさんと別れる。店を閉めたK子さんと近所の中華屋さんで身内による反省会。とにもかくにも、今日は仕事を離れて「本」の世界にたっぷりひたることができてなによりでした。21:45就寝。

【本日の主夫&主婦レシピ】

<朝食>(夕べの)煮物/ごはん
<昼食> どらやき/キッシュ/お茶
<夜食>(中華屋で)レバニラ炒め・麻婆豆腐飯・ギョーザ/瓶ビール1


 

2011年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ログイン
保存
   URLを携帯に送る ここをクリックしてブラウザのアドレス欄に表示されているのがRSS用のURLです。このURLをRSSリーダーなどに設定してご利用ください。
過去ログ: 最近の日記:
緊急コロナ対策会議

サイタ、サイタ、サクラガサイタ ..

サイタ、サイタ、サクラガサイタ ..

やっと確定申告

新年度スタート

年度末

駅の賑わい2

フリーソフトで作るブログ