トップページ
2013年 2月5日

2013年2月05日(火) - 冬休み14/神田神保町

 愉しい冬休みの残り3日間、K子さんをカバン持ち(これって死語?)に東京出張である。
 金沢駅8時20分発のはくたか号に乗り込み、車内で今日打ち合わせを予定しているジャズ本出版の資料をあれこれ再検討。隣に座っている秘書は、つものように口をあけて眠りこけている。12時20分、定刻通り東京駅に到着。そのまま神田まで移動して駅近くのホテルに荷物を預けた後、遅めの昼食。

 午後、JRで澁谷に向かい、昨年オープンした「ヒカリエ」内の和菓子屋さんで働く和菓子職人Tさんを訪ねるも、肝心の店の名前を忘れて見つけられない。創業が岡山の老舗ですが、と1Fインフォメーションや菓子売り場のあるB2Fの受付で尋ねてもわからない。サプライズはあきらめTさんに電話をするも仕事中なのかつながらない。
 東急で下北沢の書店「B&B」を訪ねる。あうん堂のラインナップに近い新刊本と関連する雑貨が棚に並べられ、落ち着いた空間となっている。近所にあるはずの古書店・ピリカタント書店が見つからず、近くの白樺書店で秘書Kが均一本の中から文庫を2冊買っていた。
DSCF6094 小田急で新宿に。西口から駅ビルを一回りしながら東口に回り、先日から読んでいるBACH・幅氏が棚作りを手がけた店「ブルックリン・パーラー」が入っているマルイ・アネックス店に向かう。

DSCF6093 広い店内はほぼ満席で、音楽と話し声とカップが触れ合う音があふれている。明日の打ち合わせ場所にどうかと思ったが、これではチョッと……壁一面に置かれた棚にある本をゆっくりと見ていたが、そんなお客は私だけだった。いったん地下鉄でホテルに戻る。
DSCF6096 資料を用意して今夜の打ち合わせ場所である神田神保町に秘書Kと出かける。リニューアルした東京堂書店の店内とブックカフェを覗いた後、時間があるので昨年ここに移転した「本の雑誌社」に立ち寄り、お土産の定番・月天心の“どらやき”を営業H嬢に手渡し、しばし立ち話。


DSCF6097 18時半、老舗喫茶店・ミロンガで、目下東京で仕事中のニークワークスUさんと、今夕大阪から戻ってくる中川ワニさんを待ち受けて、昨年から延び延びになっているワニさんのジャズ本出版の打ち合わせ。店内にはタンゴの曲が静かに流れる中、Uさんのタタキ台をもとにあれこれ方針を確認し終えたのが、20時半。
 神保町交差点角にある、ワニさんが昔よく行っていたという中華飯店で夕食。店構えにしてはリーズナブルで、単品を4人で小分けしておいしくいただき、22時半解散。ようやく仕事と遊び半分の出張一日目が終わった。


 

2013年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

ログイン
保存
   URLを携帯に送る ここをクリックしてブラウザのアドレス欄に表示されているのがRSS用のURLです。このURLをRSSリーダーなどに設定してご利用ください。
過去ログ: 最近の日記:
冬休み3/打合せる日々2

冬休み2/打合せる日々1

冬休み1/町会新年会

お吹き初め

一日十点

本業スタート!

今年も千客万来3

フリーソフトで作るブログ