トップページ
2019年 6月

2019年6月30日(日) - 夏休み6/休みでも本業

 天気予報どおり、朝から雨降り。梅雨真っただ中だからなあ。

 午前、ヤフオク1点の発送作業に続き、『アドラー心理学と子育て』大口注文(400冊です)の発送準備に取りかかる。在庫のある隣家の上階で段ボール箱3個になんとか納めようと大小サイズの段ボール箱を探し回るだけで汗だくになってしまった。

 午後、ハッパさんの事務所で働いていたO青年の結婚式(教会での人前結婚式とのこと)に誘われたK子さんがToshikoさん、Gonちゃんと一緒に出かけていき、私は引き続き『アドラー心理学と子育て』本の梱包&納品書作りに励む。
 16時過ぎ、カナザワコマチへパンを買いに行き、Nao&Mamiさんと『抱きしめナイト2019』の企画下話で盛り上がる。そのまま東山1丁目の「カフェくわじま」に足を運び、ヒマしている店長とのんびり本談義。日曜日だというのに店を閉めてこういう時間を過ごしていると、あうん堂は夏休みだと実感する。

 夜、K子さんと近所のビアバー「ORIENTAL BREWING 東山店」に出か け、“ピザ/フライドポテト/クラフトビール2”で夕食。帰宅後、いよいよ残り10話となってきたhulu配信の『オスマン帝国外伝2』を見る。


2019年6月29日(土) - 夏休み5/DenDenライブ

 午前、明日から予定している母のショートステイ施設にキャンセルの電話を入れ、代わりに日帰りのデイケア施設に7月は週3回入所したい旨の申し込みを電話でおこなう。これで母も落ち着いてくれるとよいのだが。昨日の組合親睦BBQの収支メモを作り(何故か会計もミッションにあり)、今回の発起人にメールで送る。

 午後、NYANCAFE−BOOKSへK子さんと出かけ、遅めの昼食&コーヒーブレイク。先週亡くなった輪島の塗師・テッチャンこと石畑哲雄さんの思い出をリンダさんと語っているとまた雨が強くなってきた。
 明日、ニャンカフェ&あうん堂が共同で出店予定の横安江町商店街主催「ファーマーズマーケット」は、この雨が明日も続くことから見送ることにする。仕事上がりのカルロスさんに東山まで車で送ってもらって、感謝。

 夜、先々月の女川祭で私たちの三味線と一緒に生唄を歌ってくれたDenDenさんのライブに、三味線メンバーのMamiさん、K子さん、そして常連の釈淳徳さんと出かけ、日本民謡をアレンジした(コブシはそのまま)DenDen節を楽しむ。


2019年6月28日(金) - 夏休み4/組合BBQ

 8時、古書組合の古本交換会に出席するためレンタカーを借りる。ガレージから整理済みの文庫と単行本を10本口積み込み、会場の野々市・交遊舎へ向かう。
 
 午前、交換会にて出品&入札。結果は出品本には札が入らず、入札本は1点も落とせず、今日は静かに引き上げることにしよう。

 午後、コンビニで買った“そうめんセット”を食べながらヤフオク発送作業。14時半、あうん堂の駐車場に金澤20世紀書房さん、ビートマニアさん、流星舎ことカフェくわじまさんが集合、あうん堂と20世紀さんの車に分乗して「古書組合親睦バーベキュー(BBQ)」の会場となっているダックビルさんの店のある福畠町に出発。我々に与えられたミッションは食材と飲み物の買い出しなので、途中にあるスーパーで“肉/野菜/スイカ”等電卓片手で買うこと計2万3千円なり。
 15時半、かつては小学校で今は地区の集会場となっている体育館には先発隊による設営真っただ中、30分後には参加者12名が揃いBBQが始まる。あうん堂の組合歴16年目にして初の親睦イベント開催であり、おかげで初対面の店長お一人とご挨拶。煙もうもうの中、先輩たちの古本ウラ話や業界話を聞きながら、しっかり焼いて、いっぱい食べて、18時閉会。
 帰路は、山彦書房さんと宝の本さんくわじまさん宅を経由し帰宅。K子さんの買い出しに付き合い、暗くなる前に車を返す。

 夜、コミック『水は海に向かって流れる1』(田島列島)読了。恥ずかしながら、ようやく漫画のコマとセリフの流れが分かってきた。


2019年6月27日(木) - 夏休み3/『終りの季節』

 9時、K子さんは公民館での茶道教室に出かけ、私は母の訪問看護を終えた看護士さんから今日の母の様子を聞くことに。機嫌よく話してはくれますが会話は続きません、と看護士さん。10時、東山ピコピコ団のメンバーが相次いでやってくる。今日は8月のミニライブで演奏する新曲『終りの季節』の初めての音合わせで、私はギターで参加するのだがコードがうまく押さえられなくて練習あるのみ。

 午後、K子さんのおごりで町屋塾での“カメちゃんランチ”に出かける。居合わせた女川の会のmikaさんから、彼女が受けているというボイストレーニングについてその効果を聞かされ興味を覚える。一足先に帰宅し、母の通院のため梅雨らしい雨の中をK病院まで車いすで一往復。『オスマン帝国外伝2』を見て、うたた寝してから、安堂ミキオ『はたらくすすむ1』(講談社ヤンマガKC)を読了。続きは秋頃か。

 夜、夏休み中に楽しみたいコトと片付け仕事についてのメモ作り。


2019年6月26日(水) - 夏休み2/アユの勉強会

 母のデイケアセンター通所日、送迎車がやって来るのを待っている間に母の部屋掃除を済ませてしまう。

 午前、ヤフオク発送作業を済ませ、古書店・流星舎ことカフェくわじまさんがやって来るのを待つ。11時半、K子さんと三人で金沢駅まで歩いて出かける途中、「いろは食堂」の名物メニュー“カツカレーうどん”で昼食。駅コンコースで本日の「アユの勉強会」講師である高橋先生の到着を女川の会chikaさんと一緒に待つ。

 午後、車二台に分乗して浅野川の下流から上流に向かって移動開始。浅野川が天然アユの遡上に適しているのかどうかを現地調査したいという高橋先生の要望にこたえるべく要領よくご案内。先週の下見が活きているなあ。それにしても今日は暑い。
CIMG6189CIMG6188 天神橋の上流付近ではスイムスーツに身を固めた先生が浅野川にもぐって川底を覗き込む様子をカメラ担当の流星舎さんが写しまくっている。
 さらに先生を乗せて上流に向かう1台と別れ、私は東山に帰宅。デイケアから戻ってくる母を待つ間、昼寝。夕方、今夜の勉強会会場である金沢市民芸術村・里山の家まで歩いて出かけ、案内を終えたお女がメンバーさんと会場準備を手伝う。

 夜、17名の参加者が集まった高橋先生による「アユについての勉強会」で司会を受け持ち、そのまま聴講。“アユの塩焼き”しか知らないので、アユを知ることで自然環境の勉強になる。終了後、だし巻きfumiさんの弁当を囲んでささやかに打ち上げ会。みんなで後片付けをして、22時過ぎ帰宅。疲れたけどためになる一日であった。


2019年6月25日(火) - 夏休み1/コミックワールド

 あうん堂は今日から17日間の夏休みだというのにワクワク感が薄いのは、母の介護から来る少なからぬプレッシャーが夏休みであっても解放されることがないからだろう。

 午前、金澤20世紀書房さんの車で星乃珈琲・押野店へ向かう。先週終了したうつのみや香林坊店での古本催事に出店したメンバーが揃ったところで、回収した値札の確認作業に続き、出品本に対する反省会。
 終わって再び金澤20世紀書房さんに香林坊まで送っていただき、うつのみや書店で注文してあったコミック本2冊を受け取り、近江町市場内の回転寿司で遅めの昼食。

 午後、久しぶりにうたた寝。コミック『T.E.ロレンス・上』(神坂智子)読了。気長に読み続けている『十字軍物語』(塩野七生)で思いがけず目にした<アラビアのロレンス>の名前に触発され、たまたまヤフオク出品するも売れなかったロレンスのコミックを読み始めたところ、イッキにハマってしまったのである。

 夜、あうん堂で月に一度のサンズの会。今夜のテーマは「弥陀の誓願」だが、これが手ごわい。
 今日購入してきたコミックの内、定年退職した66歳のおじさんが主人公の『はたらくすすむ1』(安堂ミキオ)から読み始める。


2019年6月20日(木) - 気分は夏休み

 午前、母の訪問看護、Iさんによる訪問会話(高齢者等との会話を通じて落ち着いてもらうという)の後、車いすに母を乗せてK病院へ通院。外来薬局で薬をもらって帰ると12時を過ぎている。

 午後、来週開催される「女川・水文化PT/アユについての勉強会」で講師の高橋先生が、日中浅野川を下流から上流にかけて環境調査をおこなうため、女川メンバーのchikaさん、mikaさん、私たちの4人で調査個所の下見に出かける。用水取入れのための堰がこんなにあるとは知らなかった。
 夕方、レンタカーを借りて本日最終日となった古本催事会場のうつのみや・香林坊店へ撤収に出かけ、木箱8箱、段ボール箱3個、レコード・映画パンフを収めた小段ボール箱6個を搬出。ついでに内澤旬子さんの新刊『ストーカーとの七〇〇日戦争』を購入。

 夜、2月の古本催事、「抱きしめナイト」から始まった、一箱古本市、BOOKDAYとやま、ピコピコライブ等上期の各イベントも、今日の古本催事撤収で一区切り。あうん堂の今年の夏休みは来週からだが、気分は明日から夏休みだなあ。缶ビール2本でひとり祝杯を挙げ、21:45就寝。


2019年6月19日(水) - ジミコツ仕事

 隣家の母は昨夜の嵐はどこ吹く風とばかり、私が今日デイケアに出かける日であることを伝えるや、さっそく支度を始める。9時、迎えの車に乗せてから、母の部屋掃除。

 終日、地道にコツコツとヤフオク出品の準備作業。合間に、huluで『オスマン帝国外伝2』を見たり、今月建て替えのため閉鎖となった沖縄・那覇市第一牧志公設市場の人々をインタビューした橋本倫史著『市場界隈』(本の雑誌社)をお拾い読み。夕食までに雑誌『新劇』のバックナンバー29点をヤフオクに出品。

 夜、そろそろ大詰めに近づいている『オスマン帝国外伝2・第63話』を待ちきれず視聴。本ドラマと『十字軍物語』の影響で、コミック『T.E.ロレンス・上巻』(神坂智子)を読み始める。


2019年6月18日(火) - 嵐の予感2

 三連定休初日だというのに、6時半起床。隣家の母の様子を覗きに行くと、カギはかかってはいるものの玄関の靴が内向きになっていることから外には出ていたのだろう。部屋を覗くとテレビはつけたまま二度寝している。BS3で『おしん』と『なつぞら』を見て、朝食。

 午前、K子さんと町屋塾へ出かけ、女川の会のミーティングに参加。当面の懸案事項を話し合った後、K子さんが用意してきた“山菜おこわ”で昼食。

 午後、うつのみや・香林坊店で開催中(〜6/20)の古本催事会場に出かけ、補充本の入れ替えをおこなう。あうん堂のお客さんでもあるミステリー作家・城山真一氏の新作が掲載されている『小説 野性時代7月号』(角川書店)を購入、近江町市場で今夜の夕食会の食材として“ぶりかま/ぶり/サーモン/さつま揚げ”を買って帰る。隣家の玄関に不穏な気配で母が腰かけている。
CIMG6125 『小説 野性時代』に掲載の城山氏の新作「相続レストラン グリル・ド・テリハ」を一気に読了。ミステリーなのでひねりがあるのは当然だが、二ひねりにもう一つと畳みかけてくるテンポが心地よく、後半にもう一ひねりもあったのにはビックリ。主人公の人生模様が淡々と描かれているのもテンポの良さとは言え、読者としてはもう少し知りたいなあ。金沢を舞台にしたこの小説の続きが待ち遠しい。

 夜、先週末から金沢に仕事でやってきているダイックSさんを囲んで、あうん堂で夕食会。参加メンバーは、ニークワークスUさん、オヨヨせせらぎnatsuさん、キビ団子さんに私たちの総勢6名で、いつもの一品持ち寄り会である。話題は東京・神田祭からシンガポールの留学話、中国のキャッシュレス事情、そして介護問題に映ったところで、隣家の母がピンポンを鳴らして二度やって来る。今夕の私たちの対応が気にくわないようで、妄想を交えてみんなの前で悪態をついて引き上げると同時に新潟で震度6の地震のニュースが入って、お開きとなる。
 片付け半ばに三度母がやってきてそのまま上階に。母の頭の中ではすっかり悪者となっている私に嘆きの言葉をしゃべり続けて帰っていった。まあ、寝るか。 


2019年6月17日(月) - 嵐の予感1

 午前、記帳を済ませた通帳を前に、ため息を二つついてあうん堂の会計整理。持ち込み買取りのお客さんに続いてPayPayの設置セールスウーマン、校下の福祉協議会の奥さんが来店、あっという間にお昼を過ぎてしまう。

 午後、先週2回目の買取りをおこなったNさん宅へ自転車で清算代金を届けに行き、これで一段落。戻って古レコードの整理に取りかかり、隣家の書庫になんとか納めたところへショートステイから母が戻ってきた。ご機嫌はイマ一つで触らぬようにしよう。
 古本催事補充本を整理後、スーパーへ母の食料品の買い出しに出かける。我が家の夕食は母用の“鉄火巻き/金時豆”の残りに、備蓄品の“さば缶”で済ます。

 夜、『オスマン帝国外伝2・第60話』と、TVerで『私、定時で帰ります。・第9話』を続けて見る。


2019年6月16日(日) - イッキにニッキ!

 8時、“カフェモーニング”スタート。梅雨の中休みならぬ荒れ日の予報が出ていて、時おり雨と風が強くなる中、足を運んでくれたのは物知りTさんとtazuさんのお二人で、感謝。

 終日、静かなるあうん堂で古本屋のオヤジは数少ないお客さんとのサイクロンNさんや散歩の途中に立ち寄ってくださったミステリSさんと近況を歓談しつつ、溜まりに溜まったHP日録・10日分をイッキに書き込んでアップ。

 夜、隣家の母はショートステイ3泊目で特に問題もなく、ツタヤディスカスから届いているDVD 『大空港』(監督:ジョージ・シートン/出演:バート・ランカスター、ディーン・マーチン、ジーン・セバーグ/1970年/米)を見る。0:15就寝。


2019年6月15日(土) - 晩さん会3

 母のショートステイ先からは一切連絡がなく、ひと安心。

 午前、校下の「防災フェスティバル」にテント張り要員として参加。本番での防災講演会を聴き、煙に包まれた部屋を想定した設営テントで行われている煙中体験をし、非常食である“アルファ米”をいただいて帰る。昼食は、さっそく“アルファ米/山菜おこわ”で、こういうのを食べることがないことを願うばかり。

 午後、買取りレコードの清算内訳書作り。釈淳徳さんがみえたので、次回のサンズの会のテキストとして二階堂さんのエッセイのコピーを手渡す。

 夜、出演者に舞ダンスパフォーマーで町屋塾代表の宇都宮千佳さんが名を連ねている 『第6回 美の種in金沢/太陽の衣』(時広真吾プロジュース)公演を、五郎島Tさんの車で21美シアターへ見に行く。昨年も感じたが、プロのダンスはなかなかであり、昨年よりもっと楽しめた。一緒に見に来ていたキビ団子さんと再びMさんの車で東山まで戻り、並木町のお好み焼き屋・どんぐりで遅めの夕食会。今夜の出演者の感想で盛り上がる。


2019年6月14日(金) - 晩さん会2

 今日から母のショートステイは第三回目となる3泊4日の行程で入所。前回同様出発時はご機嫌麗しく……。

 午前、古本催事補充本の準備。

 午後、昨年の氷見・プラファでの古本催事でお会いしている氷見在住のIさんが何年振りかで来店。近況をあれこれ歓談。
 カフェくわじまさんに車を出していただき、古本催事会場であるうつのみや・香林坊店まで一緒に搬入を手伝ってもらう。お礼代わりにNYANCAFE−BOOKSでコーヒーをご馳走し、リンダさんと本談義。

 夜、漆芸作家で今は自称:<女>寅さんことT嬢が、2年ぶりで来沢し、卯辰山工芸工房同期の陶芸家NTさん夫妻、私たちが「らくや」さんに集まり、夕食会。<女っぷり>が上がった(これって、セクハラ?!)T嬢の近況報告で盛り上がる。駅前のホテルに泊まるという彼女を武蔵辻まで歩いて送り、22時半帰宅。


2019年6月13日(木) - 晩さん会1

 午前、訪問看護の看護士さんに母の近況を伝えた後、「しんたてコーヒー大作戦」会場でのゲリラライブ以来初めての東山ピコピコ団練習でメンバー中6名がやって来る。今日は次回のライブとなるあうん堂駐車場での夏フェスについてミーティング。新曲は『終わりの季節』(細野晴臣・詞曲)に決定。

 午後、本の雑誌社に注文してあった補充本と新刊本あわせて10冊届く。催事補充本と一緒に片付け仕事。

 夜、カフェくわじまさんから急きょお誘いのあった“居酒屋くわじま”に東山在住のだし巻きFさん、町屋塾chikaさん、並木町Tさんを誘って押しかけ、定番の肉&魚コースを千円ポッキリでしっかりといただき、22時過ぎ散会。


2019年6月12日(水) - 古レコード屋

 8時、昨日の交換会で札の入らなかった出品本すべてを割り切ってチリ交Oさんに引き取ってもらう。

CIMG6028 終日、買取り査定を兼ねた買取りレコードを整理すること、その数LP120枚、EP260枚。店内はレコード盤特有の匂いで一杯だ。盤を入れたナイロン袋がかなり汚れているのでネットで新品を注文、マジで古レコード屋になっている。開催中の古本催事に70〜80年代のアイドルEPレコードを出品するため値付作業に励む。


2019年6月11日(火) - 買取り3

 定休日だが今日は古書組合の古本交換会が開かれる。会場に向かう前、前回のNさん宅での買取りで置いたままになっているレコードに加え、今回はNさんのすでに亡くなられている弟さんが持っていたレコードを預かることに。あうん堂は一気に「古レコード屋」と化してしまった。
 野々市・交遊舎での交換会は、開催日が変更のせいか参加者が少なく、そのせいではないのだろうがあうん堂の出品4点には全く札が入らないまま閉会。

 午後、会場近くの星乃珈琲店で同業の有志によるミーティングに出席。ざっくばらんな意見を言わせていただく。金沢出張のダッチゴシさんが金沢駅前にいるというので帰路ピックアップして帰宅。夕方まで黙々とレコード整理。

 夜、ゴシさんが金沢に泊まるので一緒に焼肉を食べることになり、久しぶりに「肉みや」こと「肉のみやざき」へ三人でタクシーを飛ばす。せっかくなので店の近くの友人TT君と、ちょっと離れているNYANCAFE−BOOKS夫妻を無理やり誘って愉快に焼肉を食べる。


2019年6月10日(月) - 買取り2

 9時、母をデイケアに送り出してからケアマネNさんと電話で昨日までのショートステイと、母の不安定な精神状態について話す。お昼前、K病院を訪ね、母の担当医師に専門病院への検査紹介状を書いていただくよう依頼する。

 午後、顔なじみのMさんが実家を処分することになって出てきたレコードと本を持ち込んでくる。うーむ、このところやけにレコードが多いなあ。少し年が若いMさんのコレクションだけあって、荒井由実はじめニューミュージックが多い。
 明日の市会に備えレンタカーを借りに行き、このところ整理してきた出品本を積み込んで店を閉める。

 夜、二階堂和美さんの『負うて抱えて』(晶文社)を読了。浄土真宗のことを書いた箇所がよく理解できず、今度のサンズの会のテキストにしよう。


2019年6月09日(日) - ショートステイ3

 8時、カフェモーニング。NYANCAFE−BOOKSさん夫妻が来てくださり、月末の「ファーマーズマーケット」協同出店について企画を立てる。とりあえず、店名を<u-mai-BOOKS>に決める。

 終日、店番と棚出し本整理。15時過ぎ、ステイ先から母がご機嫌になって退所。3日間の様子を私、K子さん、店の常連さん相手に喋りまくる。うーむ、この反動が心配だ。

 夜、投薬がてら隣家に母の様子を伺うと、明日はどこかに行くのか? と聞いてきた。まあこれなら大丈夫か。


2019年6月08日(土) - ショートステイ2

 9時半、母のショートステイ先に電話。昨夜は家に帰ると怒っていたが、今朝は落ち着いてみんなと話していますよ、と職員さん。顔を見に行くとよいですか? との問いに、(ステイ先に慣れない人は半分くらいいるので)顔を見せない方がよいです、と職員さん。ここはプロにお任せです。

 終日、古本催事の補充本整理。


2019年6月07日(金) - ショートステイ1

 母の1カ月ぶりのショートステイ入所日。前回は1泊2日のお試しステイで特に問題はなかったものの、今回は2泊3日で、しかも半徹事件から4日目。とにもかくにも迎えの車に乗せてはみたものの……。

 終日、隣家に母がいないというだけで気持ちは楽になって、在庫本整理。

 夕方、。ステイ先で母が昼食後の薬を飲まないので職員さんが何度か声をかけたら不機嫌になってしまったという話を聞いて、ケアマネNさんに電話。その後様子を見に行ってくださったNさんから、家に帰る、(ステイ先に)騙されて連れてこられた、と怒っているがここおは職員さんに任せましょう、との連絡が入り、ハイそうします、と答える。

 夜、気分転換にK子さんと小皿料理・のらりで夕食。ステイ先から特に連絡はなし。


2019年6月06日(木) - 花床起こし

 8時、母を車いすに乗せ、浅野川・梅ノ橋下まで散歩を兼ねて、「女川に菜の花油の灯をともす会」の菜の花花壇をお世話してくださっているIさんの床起こしを手伝う。鍬で土を掘り起こすのは久しぶりで、幅1m、全長約8mを休み休みの45分続けてなんとか完了するも汗びっしょり。

 午前、母の訪問看護の後、再び車イスで母をK病院まで1往復。

 午後、うつのみや・香林坊店で始まった古本催事会場に出かけ、店内のカフェで映画パンフに値付けをして追加補充。予約注文してあった北尾トロさんの新刊『夕陽に赤い町中華』を受け取って帰宅。

 夜、明日入所(ショートステイ)予定の母の持ち物を用意。アンタどっかに行くがか?と母に言われ、この前行ったきれいなとこにあなたが行くんやよ、と大声で答える。大丈夫かなあ。


2019年6月05日(水) - 買取り仕事

 午前、HP日録書込み等々片付け仕事。

 午後、先週からのレコード買取り約束日なので、自転車で5分のNさん宅を訪問。私より4歳下のご主人と奥様が集めていたLP・EPレコードを整理しながら青春時代の話が弾む。引き取りは来週まで延ばしていただき、生産だけ済ませて帰宅。

 夜、hulu配信で『オスマン帝国外伝2』を2話分見てしまった。


2019年6月04日(火) - イベント一休み

 9時、昨日の出来事などすっかり忘れてデイケアセンターの送迎車に乗り込む母を見送る。

 午前、店は定休だがスケジュールの都合で、雑誌『エクラ』の取材を受ける。コーディネーターIさんの案内で、ライター、編集者、カメラマンが来店。1時間余りで終了したところで店を閉める。
 12時、常連のお一人・火消しのMさんの5年間に及んだ第二の人生がこの春終えたことを祝って、金沢駅前の「大名茶屋」で昼食会。

 午後、昼食会散会後、陶芸作家・中嶋寿子さんの作品展 『月のこえ』(〜16日)を見に、物知りTさん、並木町Tさん、K子さんの4人で会場である彗星倶楽部に出かける。彼女の作風がしっかりと定まってきて素敵な空間が広がっている。帰宅後、今夕搬入すべく催事出店本の値付け作業に追われる。

 夜、催事会場であるうつのみや・香林坊店にハッパさんの車をお借りしての搬入作業。出店メンバーである世話人・加能屋書店さん、一箱本箱隊のビートマニア、金澤20世紀書房、古本LOGOSの皆さんと一緒に棚作りに励み、19時半設営完了。
 撤収作業は残っているもののこれでイベントも一段落したので、自分へのご褒美に缶ビールを3本開ける。おかげで21:30就寝。


2019年6月03日(月) - 半徹の日

 深夜の1時過ぎ、玄関で母が呼ぶ声に目が覚める。階下に降りて母の様子を見れば、絶不調のオーラが全開している。とりあえず隣家に一緒に戻ってみると、室内はモノがひっくり返って大騒動!
 半年ぶりのこの状況から今夜は母の隣の部屋で寝ることにしたものの、それからは妄想話に、深夜の外出に、家の前での座り込みに、とうとうタクシーで妹の家に行くと言い出し……空が明るくなって、母の妹と連絡が取れたところでタクシーを捕まえ、野々市の妹宅に着いたのが6時半であった。
 妹さんが相手をすること4時間、ようやく東山に戻ってこれで落ち着くかと思いきや、夜になって再びやってきて同じことの繰り返し。K子さんと手分けしてかかりつけの病院まで車いすで連れて行き、薬を飲ませてもらって22時帰宅。いやいや、半分徹夜しての休憩なしの日勤、続けて残業なんて17年ぶりだなあ。


2019年6月02日(日) - 気分は一合目

 昨日の三回忌法要が終わり、これで3月から続いてきた本業以外のイベントも、残すところ来週から始まる古本催事だけとなった。

 終日、カフェモーニングから始まり、催事出店本の準備と常連さんの話し相手をしているうちに閉店。

 夜、隣家の戸締りを兼ねて母に薬を飲ませに行ったところ、意味不明なことをつぶやいて会話にならずなんだかイヤな予感がする。


2019年6月01日(土) - 三回忌法要

CIMG6021 午前、二年前に96歳で亡くなった父の三回忌法要日。お昼前に伊丹Shinさんが電車で帰省し、私たち、母、孫が揃ったところで、今回も釈淳徳さんを導師に法要スタート。仏壇前でのお勤めを済ませ、タクシー2台で卯辰山中腹にあるお墓へ移動し、ここでもお経をあげてお参りを澄ます。母と釈淳徳さんを東山まで送って、昼食会場の「卯辰かなざわ」に向かう。

 午後、私たちにKenさんとShinさんの4人で昼食。こうして一緒になるのはいったいいつ以来だろう? とみんなで思い出そうとするも思い出せず。二人とも県外の大学に進学、そのまま就職、結婚したので、会うときは必ず彼らの家族がいて……こんな機会が再び来るのはどんな時だろう。
 食事を済ませ歩いて山から下りて帰宅。そのまま2人は自宅へ戻るというので玄関で見送り、K子さんは買い物がてら一緒に駅まで行って見送るとのこと。マシマシさんへパンを買いに行き、その後夕方までのんびり本読み。

 夜、テンション下がり気味の母の相手をする。


 

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ログイン
保存
   URLを携帯に送る ここをクリックしてブラウザのアドレス欄に表示されているのがRSS用のURLです。このURLをRSSリーダーなどに設定してご利用ください。
過去ログ: 最近の日記:
「サザン☆ナイト」その1

本業オフ

古本催事 搬入

アヂアヂな一日

ヒロシマの詩

実習生受け入れ

鹿児島旅情

フリーソフトで作るブログ