トップページ
2019年12月

2019年12月31日(火) - 年末休み3/書く、書く!

 2019年も今日一日となってしまった。年の暮れと言えば、大掃除に正月準備となる訳だが……子どもたち一家が帰って来ないので、日常と変わらない。

 午前、今月17日分から溜まりに溜まったHP日録をイッキ書き。13時前、26日分までアップしたところで気分転換で年の瀬の町の様子を見に出かける。

 午後、武蔵辻・エムザB1で“餅/黒砂糖/パンetc”を、2Fの百均ショップで来年度のノンアル貯金箱を購入して近江町市場へ。大混雑の市場だが観光客が多く、地元の買い物客は目立たない。レコードジャングルで持ち込んであったLPレコードの買取り清算金を受け取り、蕎麦の<くら>で遅めの昼食。今夜の“年越しそば”の予約客が次から次と受け取りにやって来るなんて、間違いなく大晦日だ。
 帰宅後、引き続き日録の書き込み。夕方、バンカーTさんが奥さん手作りの“おせち”を今年も届けてくださり、感謝。遠慮なくいただきます。デイサービスが1週間お休みなので、隣家の母の入浴をサポート。亡くなった父も入院前には何度かサポートしたが、口が達者な分だけ疲れる。日録は残っている昨日の分まで書込み、ようやくめどが付いた。

 夜、そんなにお腹も空いておらず、「NHK紅白歌合戦」を見ながら軽い夕食。来年の東京オリンピックがキーワードの今夜の「紅白歌合戦」は、私的には今一つ盛り上がらず、それでも最後まで見ることに。23時45分、番組が終わったところで隣家に移動し、いつものように母の隣の部屋で一人年を越す。


2019年12月30日(月) - 年末休み2/働く、働く!

 午前、あうん堂の月末会計整理。

 午後、「水文化PT2019」の収支決算書の基にもなる「水の音」損益書作りでパソコンに向かい続ける。今日もヘッドホンを着けて聴くのは、radikoのタイムフリーで『沢木耕太郎〜MIDNIGHT EXPRESS 天涯2019』(J-WAVE)。番組の最後にリスナーから届いたメッセージを沢木さんが読み上げた中で、仕事に対する沢木さんの信条が述べられる。それは、「手を抜かない、愚痴を言わない、話を面白がる」の三つであった。

 夜、今日が仕事納めだった町屋塾のchikaさんをあうん堂にお誘いし、K子さんと三人でプチ忘年会。話題はやはり今日出来上がった「水の音/損益書」から始まり、来年度の「水文化PT2020」の進め方であった。
 21時、明日実家の愛媛に帰省するという彼女を見送り、跡片付けをする。今夜も早々に隣家に移動し、22:30就寝。


2019年12月29日(日) - 年末休み1/会計整理

 今日から6日間の年末年始休暇がスタート。いつも三連定休のあうん堂なので、実質長い休みだという実感は全くないし、なんといっても子どもたち一家の帰省はなく、隣家の母のこともあって泊りの旅には出られないし……どんな6日間になるのやら。

DSCN1237 終日、加入したばかりのをヘッドホンで聴きながら、2020年のあうん堂賀状DM作り。朝一番にプリントアウトした宛名シール約300枚を貼り付けてから、私の分の賀状に短いコメントを添えていく。

 16時過ぎには目途がついたので、五木さんのミュージックBOXからDVDを取り出してK子さんと見る。収録されているのは、1971年のテレビマン・ユニオン制作『遠くへ行きたい』からの2本で、旅先は筑豊と越中八尾である。当時は異色ドキュメントとして話題になっていた番組だが、今だって十分通用すると思う。八尾の<風の盆>が終わる夜明けのシーンに浅川マキさんの『夜が明けたら』をバックに流すなんて、まさに五木さんの真骨頂である。

 夜、ノンアルナイトだというのに無性に眠くなり、22時過ぎに隣家に移動する。


2019年12月28日(土) - 忘年会4/ベルギー会

 今日で2019年の営業も最終日。早っ!

 年末のせいか常連のお客さんが挨拶がてら顔を出してくださり、歓談。帰り際には、どうぞよいお年を!と声を掛けて見送る。ハイ、年の暮れであります。
DSCN1236 お客さんのいない間、ネットで注文してあった五木さんの『歌いながら歩いてきた』が届いたので中を開ける。帯に、「聴く・見る・読む」五木寛之初のミュージックBOX が遂に完成!とあり、なるほど「CD4枚+DVD+ブックレット2冊」が函から出てきた。五木さんが手がけた、のぶひろし(作詞家だった頃の名前です)時代のCMソング等全76曲に、当時話題のTV番組『遠くへ行きたい』から2編納められているのか。正月休みの楽しみが増えました。

 夜、5カ月ぶりに「ベルギービールを飲む会」が開かれ、女川の会スタッフ中心に6名が片町・ゲデレーに集合。2本飲んだらすっかり酔ってしまった。22時過ぎ帰宅し、そのまま隣家に移動。いつもの肩回しストレッチはお休みして、固い敷布団の上で羽布団にくるまってダウン。


2019年12月27日(金) - 仕事だ、仕事だ!

 午前、古書組合の市会に出席。出品の漫画雑誌「ガロ」は落札されるも、札を入れた4点中1点しかゲットできず。フリに出てきたレコードをまた買ってしまう。

 午後、理事会に催事企画担当として出席。来年の総会で承認を得るべく、昨夜作成した企画書の提案、説明をおこなう。経費面がかなりアバウトなのでその点で議論になるも、大筋実行方向で進んでいく旨了承される。
 帰路、JRで同じアパートにいたOさんから買い取りの話があって、そのまま車で立ち寄り引き取る。久しぶりにお会いしたので近況を歓談。店に戻り、車を返して来たらすっかり暗くなっている。とりあえずガレージに本を詰め込んで、片付けるのは明日にしよう。


2019年12月26日(木) - 二客万来

 相変わらず深夜に独り言が多い母が居る部屋の隣で夜だけ寝るようになって2カ月半、以前の攻撃的な行動や言動は収まって、夜間に外に出ることもなくなったのはそれなりに効果があったのだろうか……今年最後の訪問看護の日なので、そんなことを看護ノートに書き込んで看護士さんに手渡す。
 お昼前、福井から骨折りNさん夫妻が来店。定休日だから、と店に入るのを遠慮しているところを、そんなこと言わないで、と着物姿でK子さんが招き入れるのであった。NさんのJROB関連仕事や、奥さんのカフェtocotocoでの様子からあうん堂の近況まで、久しぶりに愉快なひと時を過ごす。普段お会いできない方たちに会いに行くということを、私たちは、店をやっているから、を口実にしているなあ、とNさん夫妻が帰られてから反省。
 
 午後、母の妹で野々市在住の叔母M子さんが母を訪ねて来てくれたので、カフェで母と三人でお茶を飲みながら歓談。前回来てくださった時は、会話の途中から母の機嫌が悪くなり難しい顔つきになったが、今日は終始ご機嫌であった。いったい何なんだろう、と叔母さんと顔を見合わすのであった。

DSCN1223 夜、藤沢在住のジュリーおっかけTさんから届いた宅配便を開けると、中から出てきたのはジュリー主演のTVドラマ『悪魔のようなあいつ』(演出:久世光彦)全巻と、ショーケン主演『傷だらけの天使』の後半であった。正月のお楽しみが増えました。
 明日の市会終了後に開かれる理事会に提案する来年の組合催事企画書を作成。久しぶりに深夜の2時まで起きてしまった。


2019年12月25日(水) - “お好み”ランチ会

 9時、早朝の仕事明けの金澤20世紀書房Wさんがやって来る。K子さんも加わり“ホットケーキ”で簡単な朝食を取りながら、Wさんの以前のお仕事の様子を伺う。知らない世界ばっかしだ。
 10時半、Wさんの車に同乗し、野々市市文化会館事務局を訪ねる。目的は来年秋に予定している石川古書組合の古書の日イベント会場としての下見である。館内のカルチャールームなど案内していただくが、古書にふさわしい雰囲気だ。見終わった後、片町まで送っていただく。うつのみや書店を覗いて帰宅。
 お昼はランチ会をするというK子さんが、ゲストのchikaさん、出汁巻きfumiさんと一緒にすでに“お好み焼き”を焼いており、私も交じって昼食。話題は先週の「水の音」公演のアンケート結果で、参加者200名強の内1/3が回答してくださっただけに、励みになります、とchikaさん。
 13時半過ぎにお開きとなり、夕方までボーとして過ごす。 


2019年12月24日(火) - 戦い済んで、クリスマス2

 毎年、ユニークなクリスマスカードを届けてくださるのは、大阪在住のmakiさん。
DSCN1231 彼女とはあうん堂を通じてのおつきあいだが、そもそも金沢に単身赴任中のご主人が住んでいたマンションがあうん堂に近く、年に何度か訪ねて来る際にお客さんとしてやって来て……数年前にご主人は大阪に戻り……ハイ、長いお付き合いです。
 定休日に入ってしまい、上階のデスクでミーと過ごす今年のイブであります。


2019年12月23日(月) - 戦い済んで、クリスマス

DSCN1224 昨日の公演の疲れが残る中、それでも隣家で6時半に起き出し、いつものように母の様子見をして家に戻る。明日のクリスマスイブは定休日に入るが、先週から出してあるあうん堂のツリーのねじを巻き、「赤鼻のトナカイ」を聴きながら店掃除。

 終日、入荷した新刊本の棚出しに続き、在庫本整理。途中、金澤20世紀書房のW店長さん来店。来年の古書組合イベントについてミーティング。そう、もう来年の企画がドンドン動いています。


2019年12月22日(日) - 「水の音」公演3

 本日、店は臨時休業。終日、「水の音」公演サポートに入る。

 9時、ダッチゴシさん来店。珈琲を飲みながら年末年始の予定など歓談後、さっそく本日の公演会場で展示する「女川の会/活動報告写真」のパネル張りを手伝ってもらう。
 10時半、着物に着替えたK子さんと三人で芸術村パフォーミングスクエアまで彼の車で移動。11時から始まる最終リハを三人で見る。照明と音響が完全にセットされていて、これまで見てきたリハとは出来栄えが一転してとても良い仕上がりになっている。
 入口ロビーで開場の受付準備に取りかかり、用意したチケット、チラシ、パンフの折込、チケット予約名簿等をテーブルに並べて13時半の開場を待つ。
 14時、公演スタートと同時に今夜の打ち上げに備え、ゴシさんと一緒にコストコへ買出しに出かける。クリスマス前で買い物客が多く、こんなに人のいるコストコは初めてだ。2時間後に会場に戻ると、公演は第二部のしらいみちよライブがフィナーレを迎えている。先にご招待の山野金沢市長が帰られるのを見送り、その後お客さんが出てきて帰られるのを入口で見送る。
 会場内は早くも舞台撤収作業が始まる中、私はゴシさんと打上げ会場となる同村内の施設に移動して設営をおこなう。18時の打上げ開始まで再び公演会場に戻り、撤収作業を手伝う。

 18時、打ち上げ会がスタート。主催者で演出のchikaさんから司会を振られ、なんとか1時間半務めて解散。ゴシさんに東山まで送っていただき、感謝。着替えてそのまま町屋塾に行き、しらいみちよさん始め照明・音響・映像・食事等のスタッフ中心の打ち上げに参加、これまでの準備から本番までの労をねぎらう。23時、K子さんとともに一足先に抜けて帰宅。いやいや、いろいろあったけど楽しかったです。


2019年12月21日(土) - 城山真一さんトーク

 午前、雨が降っていないので車いすに母を乗せ、K病院へ薬の処方をもらいに行く。帰宅後、アノニマ出版に注文してあった若菜晃子さんの新刊『旅の断片』他2点が入荷、さっそく棚田資する。年内の営業も実質残り5日だ。

51aHz 午後、うつのみや書店に出向き、先日注文してあったコミック『はたらくすすむ・第2巻』を受け取った後、同店ロビーで開催される城山真一さんのトークが始まるのを待つ。3日前に購入したので1話分しかまだ読んでいないが、これまでの作風とは異なりハイテンポで読める。顔見知りのUさんが進行を務めるトークがスタート。お客さんもロビー一杯に集まっていてひと安心。
 終了後にサイン会が行われるが店に戻らなければならず会場を後にする。

 夜、知人でクラフト作家のIさんが金沢・トネリコでの個展で来沢しており一緒に夕食の予定だったが、お互い慣れぬSNSのやり取りがうまくいかず取りやめとなり、明日会うことに。一日一話配信の『ポロス』を見る。


2019年12月20日(金) - 「水の音」公演2

 あうん堂がサポートしている「水・文化PT/水の音」公演本番まであと二日となり、今日は会場となる金沢市民芸術村パフォーミングスクエアでの舞台作りに参加する。
DSCN1218 15時、あうん堂に来店していた五郎島Mさんが帰るというので彼女の車に乗せていただき、芸術村まで送ってもらう。すでに練習を終えた同公演の参加者である「かがやき音楽隊」のみなさんと一緒に舞台監督のKさんの指示を受けて作業開始。音響のSさん、照明のTさんもそれぞれ機材を持ち込んできたので、にわかに活気づいてきて、観客席から仕上げて最後に床上の舞台まで仕上げること3時間。
 K子さんが用意した“おにぎり/かぶのスープ”を出し巻きfumiさんが車で届けてくださるというので、近くの駐車場まで受け取りに行き、夜仕事に備える女川スタッフのみなさんとロビーで夕食。

DSCN1221 夜、公演ダンサーが揃ったところでリハが始まり、照明と音響、映像担当のみなさんが動きをチェックしていくのを観客席で一人見つめる。いつもはなにげに観劇しているのだが、こうして作り上げていく過程を見ているとスタッフの皆さんは、前へ進もう♪の「プロフェッショナル」だと実感する。
 21時、準備が残るみなさんを残して帰宅。帰路コンビニで買ってきた缶ビールを飲んで、隣家に移動して23:30就寝。


2019年12月18日(水) - 歩け!歩け!

 午前、ヤフオク発送作業を片付け、歩いて20分の行きつけの床屋で年末仕事の一つである散髪。再び歩くこと40分、南町にあるA銀行に担当のTさんと預け金の書き換えをしながら近況を歓談。そのまま歩いて10分の109B2にあるうつのみや書店でコミック新巻を注文し、5Fのサイデリアで昼食。

 午後、香林坊から近江町市場を抜けて、歩いて帰宅。よく歩いたなあ。夕方まで何かすることなく、ぼーっとして生きることにしよう。


2019年12月17日(火) - 忘年会3/抱きしめナイト

 とても12月とは思えない青空が朝から広がっている中、五郎島Mさんをお誘いし(彼女の車もお誘いしてます)、かほく市に引っ越した靴と珈琲のpotaさんのご自宅兼ショップを訪ねていく。
 DSCN1213 かつての河北潟干拓地を抜ける道の途中に白鳥飛来地があり、あうん堂のデッキにやって来るスズメが圧倒されるほどの白鳥の姿に感動、車を止めて見入ってしまった。宇野気地内に入り、potaさん同様今年町中から郊外に移転したパン屋「菜虫化蝶(ナムシチョウトナル)」に寄り道。この店を設計した総菜Oさんと店前でばったり出会い、何してるんですか? とお互い声を掛け合う。近くの初めて入るイオンモールで早目の昼食。平日だというのにこの賑わいはいったい何なんだ。
 
DSCN1215 午後、カーナビがなく少し道に迷ったもののなんとかpotaさんに到着。三人でのんびりコーヒ−タイム。K子さんが靴を一足オーダーして店を後にする。帰路はここも初めて入る「PLANT」で今夜の飲み会の買い物を済ませ、16時半帰宅。
 
 夜、抱きしめナイトメンバーによる忘年会をあうん堂で開催。メインは“焼き餃子”で、私が用意した具を参加者が皮で包むこと100個。デッキでどんどん焼いて、NOTE・Naoさんは肝心の時に熱を出して欠席だが、DJのDoui氏、カナザワコマチのMami&Emi嬢、K子さんたちみんなでどんどん食べつくし、22時解散。


2019年12月16日(月) - 忘年会2/クラス仲間は……

 夕方、友人TT君来店。週末予定している「水の音」公演チケットの代金を払っていただき、話題は新年のあうん堂イベント<初釜>に移る。毎回ぶっつけ本番では緊張感に欠けるので、今回は練習するべし!という話になってしまった。うーん、やるしかないか。

 夜、居酒屋<がっぽ>に前期高齢者の同期生が酔ってもいないのにいささか怪しい足取りで集まること総勢9名。幹事はTT君と私で、酔っても酔わなくても会費を払ったかどうかは覚えていないだろうから、と席に着く前に徴収してしまう。2年ぶりのプチクラス会にやって来た同期だが、現役時代は石川県庁、金沢市役所、能美市役所、NTT、JR、ゼネコンで日本の高度経済成長を支えてきた(とちょっと偉そうに書いてみましたが)オヤジたちだが、今の話題は「健康・年金・介護」の三大噺で盛り上がるとは……。十五歳から二十歳まで一緒だった仲間はいつ会ってもあの時代に戻ってしまう。散会前、今年2月に亡くなった同期のY君を偲んで杯を空ける。


2019年12月14日(土) - 「水の音」公演1

 今年の春にスタートした「水・文化PT/ダンスパフォーマンス公演」企画からおよそ8ヵ月、いよいよ公演本番まで1週間となってしまった。企画・演出の<女川の会>代表で町屋塾塾長・chikaさんの奮闘に引っ張られるだけのあうん堂店長は、制作担当として会計を引き受けているのだが、時々印刷物の校正も引き受けている。
 夕方、chikaさんからメールで届いた「公演パンフ」の校正原稿を持って町屋塾へ。A4版裏表の原稿レイアウトも含めて私は口頭で、chikaさんはPCで修正すること4時間半。なんとか形になったところで引き上げる。まだまだ道は長いのだ。


2019年12月13日(金) - 路上で取引

 午前、石川古書組合の交換会(市場)に出席。出品は1点だがこれには札が入らず、その後のフリ(オークション)でなんとか落としていただき、イカッタ。入札は5点に札を入れるも、落札できたのは2点のみ。落とせなかった3点はすべてオヨヨさんにゲットされてしまった。開札を待つ間、駐車場で顔なじみのMさんと待ち合わせ、彼女が持ってきてくださった蔵書を預かる。お土産です、と“越前大野の里芋”をいただいてしまった。

 午後、清算を済ませ、NYANCAFE−BOOKSさんの店に寄って、遅めの昼食。来春の古書組合イベントにて有志による一箱古本市ができるかどうか相談。東山に戻って仕入れ本を片付け車を返して来たら暗くなってしまった。

 夜、ノーアルコール・デイだったので片付け仕事がはかどる。そうなんだよなあ……。


2019年12月12日(木) - プチ打合せ4

  午前、あうん堂で2020年賀DMの最終校正ミーティング。メンバーはニークワークスUさん、デザイン担当のaikoさん、私の3人で、毎年のことですが(スケジュールに記載のイベントは)書くばかりで実現しませんね、とUさん。実現はしないけど熱い思いはお客さんに伝わっているはずです、と一人心の中でツイートする私。小1時間で終了し、その後は年末年始の予定など歓談。

 午後、集中力がなくなり、うたた寝やネットサーフィン等々なんとなくぼーっとして過ごす。

 夜、少し気合を入れてヤフオク出品本整理。隣家に移動し。22:30就寝。


2019年12月11日(水) - プチ打合せ3

 三連定休の中日。

 午前、ニークワークスUさんがやって来て、先週破損したトイレットペーパーの受台を新品に取り換える作業に入る。作業と言っても壁に穴をあけるまでもない反頭ン仕事なので、仕上げの後処理(剥がれた個所に漆喰を塗布)も入れて20分で完了。珈琲を飲みながら近況を歓談し、Uさんが引き上げるのと入れ替わりにヨガ教室からK子さんが戻ってくる。

 午後、いつものルーチン作業を上階で続ける。

 夜、tazuさんの車で金沢市民芸術村パフォーミングスクエアにK子さんとともに出かけ、今月22日公演の「水文化PT/水の音」練習に立ち会う。ダンスチームに合唱団メンバーが約30名、加えて音響、照明、映像スタッフが進行を確認していく中、制作担当のオヤジはチケット前売り担当者との打ち合わせ日時を決めただけであった。22時で会場を閉めるので、スタッフの後片付けを手伝い、22時半、tazuさんに東山まで送っていただく。


2019年12月10日(火) - プチ打合せ2

 三連定休初日。終日、HP日録の書き込み、ヤフオク発送作業、そして夕方からの古書組合ミーティング用の企画書作り。

 18時、石川古書組合の近八書房さん、金澤20世紀書房さん、高橋麻帆書店さんがやって来て、来年度の組合主催ブックイベントの企画ミーティング。金澤20世紀書房さんと事前に打ち合わせた内容をもとに作成した企画書に沿って大まかな開催方針を決めていく。次回は、月末の市会終了後の理事会で議論をすることとし、19時半解散。


2019年12月09日(月) - プチ打合せ1

 今日は大阪古書組合・振興会大市の日。事前に出品目録が届いて興味のある本も多く、昨日の夜まで日帰り出張を考えていたのだが、隣家で寝ていると気力が失せてしまった。いつものように母のデイ行きの用意をして、店掃除&朝食。

 午前、俳句のIさんが知人と一緒に来店。以前に『文庫版・鬼平犯科帳』を全巻お買い上げくださったIさんの知人さん、『剣客商売』はありますか? との問いに、ハイ!倉庫にあります、と私。文庫版全巻揃いをお買い上げいただく。

 午後、来年2月に開催の「浅川マキ没後10周年イベント」関連の写真展会場としてあうん堂に声を掛けていただいており、同イベントの代表を兼ねる立川直樹さん、マキさんの写真を撮っていた田村仁さんの娘さん、イベント担当者の計4名が打ち合わせで来店。玄関壁面に飾る写真を3枚セレクトした後、マキさんの話など歓談。マキさんが亡くなってもう10年か。

 夜、隣家のくつろぎ部屋で、hulu配信の『オスマン帝国外伝3』を見る。


2019年12月08日(日) - しーずかあな、しーずかな

 早朝、隣家の布団の中でNHKラジオを何気に聴いていると、<今日は何の日>というアナウンスに続き、〇年前の12月8日は日本軍が真珠湾を攻撃、と聴こえたので、そうか今日はジョン・レノンの命日だった、と思っていると、ラジオからは、〇年前の12月8日はビートルズのメンバーの一人ジョンレノンがNYの自宅前で射殺される、と流れる。
 8時、“カフェモーニング”スタート。いつものように出勤前の物知りTさんが来店。その後お客さんの姿はないまま、10時半になったので玄関の格子戸を開けてオープン。

 午前、店は静かでカフェママは三味線の練習を、私はガレージで在庫本整理。

 午後、冬晴れの天気なのに相変わらず店は静かで、みんなどこに行ったんだろうと思っているところにカフェくわじまさんから携帯に、急に(店に)お客さんが集中して大変なことになって誰かヘルパーさんを寄こしてくれませんか、との緊急要請コールが入る。なにがあったの? と問うや、いやいや知らなかったけど今日の昼から(くわじまさんが登場する)「人生の楽園」の再放送があったみたい、との答えが。さっそくあうん堂人材バンクから並木町Tさんを派遣する。ならばあうん堂にもそのおこぼれが、と期待したものの、やって来たのはヘルパーのTさんとご近所の常連さんであった。

 夜、K子さんと<のらり>で夕食。日本酒<吉田蔵>でほろ酔いし、月と星が輝いているのを見上げながら帰宅。


2019年12月07日(土) - 冬支度その2

 12月の声を聞いてから、来年のカレンダーは買ったし、灯油は補充を済ませたし、家の前の流雪溝はいつでも蓋が開けられるようにしたし……おっとまだあった、店の前のヒメリンゴの樹に毎冬恒例の硝子の雪の結晶を吊り下げないと。
DSCN1083 先ずは枝の剪定を始めるが、一番上のまっすぐに伸びた枝はハサミが届かないので、椅子を持ち出し上から切り始める。枝の根元に下から見上げての選定では気づかなかった害虫の卵を何個か発見。ここは無情にも除去しておかないと。剪定後の枝ぶりに応じてガラスの雪の結晶を吊って、完了。

 午前、お客さんがいないのでK子さんに店番を任せ、晴れ間を見計らって母を車いすに乗せてK病院へ。2週間分の薬を処方してもらい、帰りに薬局で受け取って戻るともうお昼になっていた。

 午後、ガレージの在庫本整理と上階でのヤフオク出品作業という地味な本業に励み、夕方には帳場で棚出し本のクリーニングと値札張りに励む。

 夜、一日5点ヤフオク出品のノルマを何とか果たしてから、隣家に移動。今夜は寒そうなのでエアコンの暖房をタイマーでセットし、23時就寝。


2019年12月06日(金) - 冬は駆け足

 朝方にアラレが降り、いっとき天窓が白くなる。店掃除の最後に一昨日補充した灯油のポリタンを隣家から持ってきて備えは万全。さて、年内の営業も今日を入れて14日だ。しっかり働き、餅代を稼がなくては。

 午前、先日に続き、ニークワークスUさんと年賀DM制作ミーティング。今回はデザイナーのI子さんも加わり、Uさんが提案するデザイン案をもとに詰めていき、最後に私の手書き文章を掲載イラストの余白に書き込んで終了。しばし歓談後、Uさんにはガレージ企画進行のためガレージの中をチェックしてもらう。

 午後、ガレージ書庫で棚出し本とヤフオク出品本のセレクト作業。
 夕方、友人TT君と同期によるプチ忘年会について電話で打ち合わせ、会場の手配を引き受ける。続けてが、TT君から同期のY君が今年の2月に亡くなったことを聞かされ、ビックリ。2年前のクラス会で40年ぶりに彼と会ったのだが、病気で会社を早目に辞めた、と元氣に話していたことを思い出す。

 夜、ヤフオク出品作業を済ませてから、隣家に移動。くつろぎ部屋でhulu配信の『オスマン帝国外伝3』を1話分見て、22:30就寝。


2019年12月05日(木) - 忘年会1/鶏の丸焼き

 三連定休の三日目。朝一番、huluで『ポロス2・第4話』を見てから母の朝食を用意して隣家に持って行き、BS3の『スカーレット』で喜美ちゃんが十代田さんを好きでたまらないシーンを見終わったところで一休み。

 午前、HP日録を書き込みアップし、その後のんびりと片付け仕事。

 午後、ガレージに行って在庫本のチェックと来春の新企画に向けた大整理の方法をぼんやり考える。それにしても足元がサブく、隣家の物置に仕舞ってあった石油ストーブを引っ張り出してきて点火。少し温まってきたところで家に戻り、夕方までボーとして過ごしてしまった。

DSCN1084 夜、過日カフェくわじまさんから、(会社員時代の)知人から燻製の“鶏の丸焼き”をいただいたけど食べきれないから、との電話を受け、本日あうん堂での一品持ち寄り食事会を開催。ゲストは、ダッチゴシさん夫妻、NYANCAFE−BOOKS夫妻、花屋NOTEのnaoさんで、そこにくわじまさんとあうん堂が入った総勢8名で“丸焼き1羽”を食べつくす。締めにゴシさん持ち込みの“赤福”を頬張り、後片付けを手伝ってもらって21時過ぎに解散。見送りに外に出るとやっぱしサブい。


2019年12月04日(水) - ナナカマド2

 5時半起床。着替えて外に出ると冷たい雨が降っている。こんな日はビニール袋に入っている朝刊をポストから取り出し家の中に入る。そういえば昔は雨の日の新聞って時々濡れていて、販売所の人が取り換えに来ていたことがあったことを思い出す。
 
DSCN1081 午前、『中川ワニジャズブック』を委託しているふげん社さんに送る精算請求書を作成。委託5冊の内4冊は返品になるが、それでも1冊売れてイカッタ。雀が集まってきているのが窓から見えたので、下階に降りてコメを餌台に巻く。その先にナナカマドの実が一つ、雨の中健気に頑張っているのが見える。

 午後、時おり強く降る雨の中、歩いて金沢駅西口のF銀行へ出かけてクレジット代金を入金。帰路、駅構内のコンビニで“円八のあんころ”を、スーパーで夕食の買出しを済ませ、K子さんと待ち合わせのコラボンへ。イラストレーター6人による「勝手に私の金沢展」(〜12/9)を見ながらコーヒータイム。赤池佳江子さんの2020年カレンダー、霜田あゆみさんのポストカード、ミシマ社の雑誌『ちゃぶ台4』を買って帰宅。

 夜、TVerで見逃していた『ドクタ―X〜大門未知子・第7話』と、huluで本日配信の『ポロス2・第3話』を見る。今夜も寝る前に布団の中へ文庫本を持ち込むが、5分と持たず。


2019年12月03日(火) - ナナカマド1

DSCN0987 街中の色づいた木々の葉は12月に入ってすっかり落ちてしまったが、あうん堂のデッキのナナカマドの紅葉は今が真っ盛り。春にはたくさん花が咲いたのに、今年も赤い実になって残っているのは……あった、あった、1個だけ。

 午前、HP日録を書き込みアップ。昨日のニークワークスUさんとのミーティングで、2年越しになっているHPのリニューアルについて、来年こそは、という話になったのだが、これこそ鬼に笑われている企画だ。

 午後、K子さんと町屋塾へ出かけ、スタッフのcikaさん、mikaさん、tazuさんの5人で水文化プロジェクト公演のチケット前売り状況チェックと、公演にともなう事前準備についてミーティング。帰宅後、毎日が待ち遠しい『ポロス2・第2話』を見る。夕食、どこか行きますか?と炊事当番のK子さんに訊かれ、サブイしなあ、と答えると、1時間後には“赤飯”が炊き上がっていた。

 夜、『ポロス』のもう一人の主人公であるアレキサンダー大王の生涯を描いた阿刀田高氏の小説『獅子王アレクサンドロス』を布団の中で読んでいるが、早寝早起きの生活ですぐに眠ってしまい遅々として進まず。
 深夜から未明にかけて、相変わらず隣の部屋の母の物音で目を覚ます。


2019年12月02日(月) - 鬼が笑う!?

 週明けは母のデイサービスの支度からスタート。送迎の車がやって来るまでに店掃除を済ませ、昨日の“モーニング”で余っている材料で“フレンチトースト”を用意する。
DSCN0989 9時、母がデイに出かけ、入れ替わりにニークワークスUさんが岡山出張のお土産“きびだんご”を手にやって来た。デッキで雀の朝食を用意し、K子さんと三人で朝食をとりながら近況を歓談。K子さんが三味線の稽古に出かけたところでミーティング開始。「あうん通信2020年1月1日号外」と称する年賀DMの企画を提示し、Uさんの提案を受けて原案が決まる。次いで、来春スタートのプロジェクト案を提示し、Uさんと思いつくままアイデアを出し合う。どんな形になっていくかはわからないけど、なんだかワクワクするなあ。

 午後、HP日録を書き込みアップ。金澤20世紀書房Wさんが来店。数日前から来年度の古書組合主催の春季催事について何度か電話で話をしていたが、Wさんが今日下調べをしてきたという会場情報をもとに秋期催事計画を二人で詰める。
 夕方、雨降りでスーパーまで行くにはしんどく、途中にあるコンビニで買い出し。母には“さばのみそ漬け”、私たちは“豚汁/鶏スープ”でともにチンしてできあがり。

 夜、huluで今日から配信再開の『ポロス〜古代インド英雄伝・シーズン2』を上階のテレビで受信して見る。一日一話ずつ22分だから、連ドラが『スカーレット』と二つになったということか。ヨガ教室から帰ってきたK子さんと入れ替わりに隣家に移動。


2019年12月01日(日) - 冬支度

 とうとう今年のカレンダーも残り1枚になってしまった。ハイ、今日から師走。6時に家に戻るとK子さんはすでに“モーニング”の仕込みを行っており、私も早めに店掃除を済ませ、“ホットケーキ”を仕込む。
 8時、店を開けると同時に出勤前の物知りTさんが来店、いつもの“ホットケーキ”を焼く。隣々家のハッパさんが顔を出し、一緒に店の前の道路に設置してある流雪溝(浅野川から取り入れた水が流れる溝に雪を放り込んで流します)の蓋開け作業を始める。途中からK子さん、お向かいのKさん夫妻も加わり15分で作業終了。

 午前、バンカーTさん夫妻が上海出身のOさん一家(今はお仕事の関係で東京在住とのこと)を案内して来店。Oさんは日本に留学中の29年前、金沢のTさんの実家に交流留学生として短期滞在していたことがご縁で今回再訪され親交を温めました、とTさん。良い話です。

 午後、天気は良いのに店は静かで、K子さんは隣家の電気椅子に座りに行き、私は上階でコツコツヤフオク出品データ作り。夕方、並木町Tさんはじめ常連さんが来店。閉店間際まで賑やかであった。
DSCN0985 外に出ると三日月がきれいなので、中の橋まで写真を撮りに行く。腕は良いがヤフオク出品写真ばかり撮っているカメラなので<おぼろ月夜>にしか写らず月の写真はあきらめることに。

 夜、NHK大河『いだてん』では東京オリンピック・女子バレーの葛西主将を安藤サクラが演じるというので久しぶりに見る。余談ですが、鬼の大松博文を演じているのが活動を自粛中のチュートリアル徳井氏だと後で知る。そうだ、当時(1964年)ニチボー貝塚チームの公開練習を小松の体育館へ見に行ったことを思い出した。
 今夜も早々に隣家に移動し、22時就寝。


 

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ログイン
保存
   URLを携帯に送る ここをクリックしてブラウザのアドレス欄に表示されているのがRSS用のURLです。このURLをRSSリーダーなどに設定してご利用ください。
過去ログ: 最近の日記:
四連休その1

金沢建築館

食欲の秋の始まり

のんびり定休日

片付けなくちゃ

小さい秋みつけた2

小さい秋みつけた1

フリーソフトで作るブログ