トップページ
2011年 8月28日

2011年8月28日(日) - 一箱古本市 vol.10

 6時半起床。昨夜作った「一箱古本市通信」の原稿を持ってコンビニへ行き、コピー作業。
 8時半、箱・ビールケース・テント・旗といった会場グッズは昨日のうちに会場へ運んであるので、今朝は出品本を詰めたダンボール箱だけをゴロゴロに積んで、主計町・源法院へ向かう。実行委員のオヨヨさん、せせらぎさん、NYANCAFE-BOOKSさんもすでに到着しており、みんなで設営に取りかかる。今日は「一箱古本市@源法院」も節目となる10回目を迎えることとなり、記念の「一箱うちわ」もNYANCAFE-BOOKSさんの夜なべ仕事でなんとか間に合ってイカッタ。

IMGP1277IMGP1278 10時、初参加1箱を含む13箱が源法院前の路地に勢ぞろい、境内のテントでは“手作りぱんピザ/ケーキ”に“採れたて野菜”、そして10回目を記念して3店でお買い上げいただいた方にプレゼントされる“一箱コーヒー”が置かれ、sy−バイハンジョーを祈念して市会が始まる。前回は“流しそうめん”という華やかなイベントと同時開催で人出が多かったのだが、果たして今月はいかがなものか……。
 2011年の一箱古本市開催当日は毎回雨が心配だったが、今回はまったく心配せずに迎えることが出来たのはなにより。セミの鳴き声、木々の向こうに見える青い空と白い雲、日差しは強いが路地を吹きぬける爽やかな風が気持ちよく、出店者のみなさんはのんびりとゆく夏を楽しんでいるようだ。
 そんな光景を今日は1台のビデオカメラが追っている。撮っているのはS高校放送部の女子3人組で、実行委員をはじめ出店者やお客さんにマイクを向けての突撃質問にも、みなさんちゃんと答えているのがいい。

 16時終了、会場グッズなど後片付けをみなさんに手伝ってもらう。店に戻って一箱など隣家に運び入れてから、打上げの準備。

 夜、本日の参加者と実行委員9名によるささやかな打上げ会をカフェで開催。もう1年になりましたね、と皆勤賞のおろおろ散歩道さんの一言に、某実行委員がナミダを流し……と思いきや“麻婆豆腐”の辛子を食べたんです、とポツリ。まあ、イッカ。愉しい夏の一夜はあっという間に過ぎていくのであった。

【本日の主夫&主婦レシピ】

<朝食> トースト/牛乳
<昼食> ぱんピザ/コーヒー
<夜食>(打上げ会で)餃子・麻婆豆腐・焼そば/サーモン寿司/サンドイッチ


 

2011年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ログイン
保存
   URLを携帯に送る ここをクリックしてブラウザのアドレス欄に表示されているのがRSS用のURLです。このURLをRSSリーダーなどに設定してご利用ください。
過去ログ: 最近の日記:
本業の日

セッセと片付け

サマーヘアーカット

雨の「七夕」

「夏の古書市」その2

雨上がり<本小舎>

フリーソフトで作るブログ